〒561-0883
大阪府豊中市岡町南1-3-18-102

Vol.1 長谷川 千波/Chinami Hasegawa

数年ぶりの再会でした。最初の出逢いは雑誌の取材。

こんな商売していると

ハッと何かインスピレーションを感じる瞬間を持つことがあるのです。

初めてファインダーに映し出された彼女はまさにそんな人でした。

今回新しいコンテンツを始めるにあたって

忙しい毎日を過ごしている彼女に無理を承知でお願いしたのだけど

二つ返事で願いを叶えてくれました。

 

長谷川 千波
営業コンサルタント 大阪府在住

 

各地に顧客を持ち全国を駆け巡りながら

講演会、執筆業もこなしているスーパーレディ。

彼女の魅力はと聞かれたら、

「人知れず努力し続ける力」だと僕は言います。

 

「営業スマイルは得意ですよ」といたずらっ子の様な笑顔で話してくれたのだけど

実はそれは彼女が底知れぬ苦労と努力、経験で培ったからこそ得られた

「笑顔」というものの力や本質を知り得たからに違いないと思います。

 

そんな忙しい彼女 onとOffのスイッチはというと

最近はバイクに乗ることらしい。

人影無くなった南港の

煌びやかに輝るサーチライト

スッと伸びる両脚のデニムがピタっとはまるカッコ良さ。

 

あなたの夢は?と聞いてみたら

こんな答えをいただきました。

夢として語れることは特にないですね。

叶えたいことがあるなら、一歩踏み出して始めてしまえばいいと思っています。

人生の長さ、つまり「寿命」それは自分では決められない。

だったら、生きているうちにどんどん実行していくしかないじゃないですか。

私は営業コンサルタント。効果がなければ契約を切られる厳しい仕事ですし、

効果が出たとしても、顧客の秘密を守らねばなりません。

いつも現実と向き合うことが習慣になっていて、

現実的にやり遂げたいことを実行するのに精一杯の毎日。

仕事と自己実現と夢は、私の中ではいつも一体化してるんです。

たぶん、僕がインスピレーションを感じることが出来たのは

こんな潔さで自分の人生にいつも対峙しているからこそ生まれる素敵な笑顔や表情を

ファインダーの中で感じることができたから。

 

 

昨年2月に彼女の2冊目となる著書が発表されました。

2冊目は、これまでの経験を存分に盛り込ませたビジネス小説です。

とにかく面白い。

小説ではあるけれど、彼女のイメージ?からは想像できないほどの(失礼)

いわば泥臭いリアル感たっぷりの営業マンの毎日が表現されています。
読み手の想像、そして刺激をかきたたせてくれるのです。

もちろん、無知な僕は営業(セールスマン)の実態など知りません。

 

amazonページへ

 

知らないのだけれど、自分の仕事を重ねたとき
きっとあるんだろうなって思えることばかり。
自分もそんな舞台に一緒に立たせてくれる。
あっという間に完読してしまいました。2016/05/11

関連情報

  • 中坊 仁嗣/Hitoshi Nakabo

    どんなスポーツでもやるからには少しでも上手くなりたいものだ。 なかでもゴルフというものは、そう願い…
  • 上田 令子/Reiko Ueda

    見た感じどこからもそんなイメージなど 到底想像出来ないほどの女性 いや、正直に言ってしまうと女の…

著名人ポートレートの撮影は、ライブワン代表カメラマンの菅野勝男
ページ上部へ戻る